2017/02/11

歴史を歩く147

34オスマン帝国支配の動揺とアラブの覚醒②

2アラブ民族の覚醒

 18世紀に入りオスマン・トルコ帝国が衰退していく中で、西アジアから北アフリカに至るオスマン・トルコの支配下のアラブ地域に於いて民族的な自立を求める動きが始まります。

ef6df0fd_convert_20170227202809.jpg
ムハンマド・イブン・アブドゥルワッハーブ
( محمد بن عبد الوهاب‎,Muhammad ibn ʿAbd al-Wahhab; 1703年– 1792年6月22日)


 18世紀中庸、アラビア半島でムハンマド・ブン・アブドゥル・ワッハーブ(1703年頃~91年)がイスラム教の改革を唱えてワッハーブ派を創始します。
ワッハーブ派は、スンナ派に対抗して原始イスラムへの復帰を唱え、ムハンマド以来の300年間が正しいイスラム教が行われた時期であるとしてそれ以後の全ての改革を否定すると共に、又極端な禁欲主義を説き、厳正な一神教に従ってコーランと預言者ムハンマドの言行に基づく知識以外は認めない立場を取りました。

60358b2f_convert_20170227202358.jpg
イフワーン Ikhwan(サウジアラビアの建国を支えた民兵組織)を従えたアブドゥル・アジズ・イブン・サウード(2代目ワッハーブ王国(第1次)国王)

 ワッハーブ派は、中部アラビアの豪族サウード家と結んでワッハーブ王国(1744年頃~1818年、1823年~89年)を建設し、リヤドを都と定めました。
第1次ワッハーブ王国(1744年頃~1818年)は、オスマン・トルコから征討を命じられたエジプト総督ムハンマド・アリーによって1818年に滅ぼされます。

Ibn_Saud_convert_20170227203307.jpg
アブドゥルアズィーズ・ビン・アブドゥルラフマーン・ビン・ファイサル・アール・サウード
( عبد العزيز بن عبد الرحمن بن فيصل آل سعود‎, Abdulaziz bin Abdulrahman bin Faisal Al Saud、1876年 - 1953年11月9日)

 サウード家によって再興された第2次ワッハーブ王国(1823年~89年)はリヤドを奪われて滅びましたが(1889年)、サウード家のイブン・サウード(1876年~1953年)が20世紀初頭にリヤドを奪回して再び復活し、1932年には国号をサウジアラビアと改称して現在に至っています。
尚、ワッハーブ派は現在のサウジアラビアでも支配的宗教です。

ムハンマド・アリー_convert_20170227203728
ムハンマド・アリー・パシャ
( محمد علي باشا‎, Muḥammad ʿAlī Bāšā, 1769年? - 1849年8月2日)


 ワッハーブ派は、イスラム改革の始まりとなり、又アラブ民族主義運動の先駆となりました。
ナポレオンのエジプト遠征(1798年~99年)はアラブ民族主義運動高揚の端緒となり、ナポレオン軍敗退の混乱に乗じて、マケドニア生まれのアルバニア人傭兵隊長ムハンマド・アリー(メフメト・アリー、1769年~1849年)は実力によってエジプト太守(総督、パシャ)となり、エジプトの実権を握りました(1805年)。
ムハンマド・アリーはその後エジプト全土を統一し、行政、産業、教育、軍事の西欧化による近代化を進めます。

02.gif

 又、ギリシアの独立戦争(1821年~29年)でオスマン・トルコを援助してクレタ、キプロス島を獲得したムハンマド・アリーは、更にシリアの領有を要求して第1次エジプト・トルコ戦争(1831年~33年)を引き起こしてシリアの領有を認めさせました。
ムハンマド・アリーは、更にエジプト、シリア等の領土世襲権を要求して、第2次エジプト・トルコ戦争(1839年~40年)を起こし、フランスの援助を得てオスマン・トルコに大勝しました。
これを見たイギリスはロシア、プロイセン、オーストリア共に干渉し、ロンドン会議を開いてロンドン四カ国条約成立させ、この条約によってムハンマド・アリーは世襲領域をエジプト、スーダンに限定され、シリアを放棄させられます。

20080208_2144017.jpg
スエズ運河・1869年11月開通

 エジプトでは、1840年代以後、イギリスを初めとするヨーロッパからの資本や製品の流入が増大し、列強への経済的従属が進みました。
特にイスマーイール(在位1863年~79年)がスエズ運河の建設、鉄道、用水路、工場の建設等の近代化政策を進めたために、これらの事業によってエジプトには莫大な外債が残されました。

 財政難に陥ったエジプトは、スエズ運河の株式をイギリスに売却(1875年)して財政難を切り抜ける事を思案しますが、外債の利子支払いも不可能となり国家財政が破綻し、イギリス、フランスの財務管理下におかれることと成りました。
1877年には国庫歳入の実に79%が債務返済に充てられる状態となり、エジプト農民は重い税負担に苦しめられ、農民が餓死する中でも税の取り立てが行われます。

n1521882282_convert_20170227205334.jpg
馬上のアラービー・パシャ

 こうしたイギリス、フランスの経済支配に対する反対闘争が各地で起こりますが、その先頭に立ったのがアラービー・パシャでした。

 アラービー・パシャ(1841年~1911年)は、農民出身の軍人でエジプト人将校の間で祖国党を組織して「エジプト人のためのエジプト」運動を進め、1881年には反乱を起こし、翌年には陸軍大臣に就任して自由主義的な憲法を発布させます(アラービー・パシャの反乱、1881年~82年)。

 1875年にスエズ運河の株式を買収していたイギリスは、アラービー・パシャの反乱が起こると彼の辞職を要求し、単独でエジプトに出兵してアラービー・パシャ軍を破り、エジプトを軍事占領して事実上の保護下に置きました。
アラービー・パシャの反乱は、エジプト最初の民族革命であり、「エジプト人のためのエジプト」をスローガンとしたアラービー・パシャの運動はその後のエジプト民族主義運動の原点となったのです。

ジョークは如何?

ポーランド人が鶏小屋に忍び込んだ
人気を察した飼い主が銃を構えて呼びかけた

「おい!そこに誰かいるのか?」
「誰もいません旦那様、おらたち鶏だけでがす」


続く・・・


スポンサーサイト
2017/02/11

歴史を歩く146

34オスマン帝国支配の動揺とアラブの覚醒

1オスマン帝国支配の動揺

オスマントルコ最大版図_convert_20170224223126

 オスマン・トルコ帝国は、16世紀の最盛期にはアジア、アフリカ、ヨーロッパにまたがる大帝国を形成しましたが、その頃にはヨーロッパでは「大航海時代」が始まっていました。
これによってヨーロッパ人はアフリカの南端を回ってアジアへ到達する事が可能となり、ヨーロッパとアジアの要の位置を占めていたオスマン・トルコの世界交通上の重要な地位は失われる事になります。

Shah_Abbas_I_engraving_by_Dominicus_Custos_convert_20170224223700.jpg
アッバース1世(1571年1月27日 - 1629年1月19日)

 先ずポルトガルがインド洋に進出し、やがてイギリスがインド洋の制海権を握るようになり、17世紀にはペルシア湾岸のバスラに東インド会社の商館を設立しました。
サファヴィー朝最盛期の王アッバース1世(在位1587年~1629年)は、イギリス東インド会社艦隊の協力を得て、ポルトガル勢力をホルムズ島から駆逐します。

20120519_2361923_convert_20170224223935.jpg

 オスマン・トルコ帝国は、1683年の第2次ウィーン包囲の失敗で大打撃を受け、これによってオスマン・トルコのヨーロッパ進出が断念され、以後ヨーロッパからの後退が始まります。
オスマン・トルコは1699年のカルロヴィッツ条約でハンガリーとトランシルヴァニアをオーストリアに割譲します。

Naval_Battle_of_Navarino_by_Garneray_convert_20170224224648.jpg
ギリシャ独立戦争の敗北(ナヴァリノの海戦1827年10月20日)

 以後オスマン・トルコ帝国とオーストリア、ロシア等のヨーロッパ諸国との力関係は逆転し、18世紀に入るとオスマン・トルコは北セルビアをオーストリアに、又黒海北岸とクリミア半島をロシアに割譲されます。

pho-ht-syukusaijitu-0303-1_convert_20120801225323_convert_20170224225717.jpg
クリミア戦争:オスマン・トルコ軍敗走

 オスマン・トルコ帝国がヨーロッパに於ける領土を次々に喪失し、その支配下にあったアジア、アフリカでも民族的自立を求める動きが始まり、19世紀になると、ヨーロッパ列強の進出とその支配下にあった諸民族の自立により、オスマン・トルコの領土は縮小の一途を辿って行く事になります。

ジョークは如何?

Q:スターリンは何故最も偉大な人間なのか?

A:自分より偉大な人間は全員粛清したから


続く・・・

2017/02/11

歴絵を歩く145

33 19世紀のヨーロッパ文化⑤

5地理上の探検

 19世紀は探検家の時代でもありました。
探検家達は未知の土地を求めてアフリカ、北極、南極、中央アジアへと足を伸ばします。

003_convert_20170221225323.jpg
ジェームズ・クック(James Cook、 1728年10月27日 - 1779年2月14日)

Cook_Three_Voyages_59_convert_20170221225500.png
赤は第1回航海、緑は第2回航海、青は第3回航海をあらわす。青の点線は、クック死後の航海ルート

 18世紀後半、イギリスのクック(1728年~79年)は3回にわたって太平洋を調査航海し、第1次航海(1768年~71年)でタヒチ島、ニュージーランド、オーストラリア東岸を、第2次航海(1772年~75年)では南極圏に到達し、第3次航海(1776年~79年)ではタスマニア島、ニュージーランド、タヒチを経てハワイに至り、更に北上して北極海の一部に達しますが、帰途ハワイで島民とのトラブルで命を落としています。

リヴィングストン_convert_20170221230242
ヴィクトリア滝にあるリヴィングストン像

 19世紀に入っても、サハラ砂漠以南のアフリカ内陸部はヨーロッパ人にとっては、当に未知の大陸でした。
イギリスのリヴィングストン(1813年~73年)は、宣教師としてアフリカに赴き、1840年代から約30年間にわたってアフリカ奥地の探検を行ってヴィクトリア瀑布等を発見し、ナイル川の水源を探る探検に出て、一時消息不明となりましたが、後年スタンリーに救出されています。

nazo107.jpg
リヴィングストンとスタンリーの対面

 イギリス生まれのアメリカ人であるスタンリー(1841年~1904年)は、リヴィングストン捜索の為にアフリカに渡り、タンガニーカ湖畔で感激の対面を果たしました。
後にベルギー王の援助でコンゴ地方を探検し、アフリカ大陸の横断に成功しました。

11_convert_20170221231202.jpg
湖上のヘディン

 中国の奥地や中央アジアへの学術探検も19世紀末に始まりました。
スウェーデンの地理学者・探検家のヘディン(1865年~1952年)は中央アジア、チベット、タリム盆地等を4回にわたって探検し、ロブ・ノールの桜蘭(シルク・ロードの要衝として繁栄しましたが、前漢の武帝に征服され、漢の属国となった)遺跡を発見し(1901年)、又イギリスの考古学者・探検家のスタイン(1862年~1943年)は4回にわたって中央アジアを探検し、敦煌文書を発見・紹介しています。

128.gif
フリチョフ・ナンセン(Fridtjof Wedel-Jarlsberg Nansen 、1861年10月10日 - 1930年5月13日)

RobertPeary_convert_20170221232504.jpg
ロバート・エドウィン・ピアリー(Robert Edwin Peary, 1856年5月6日 - 1920年2月20日)

 極地探検も19世紀末から始まり、ノルウェーのナンセン(1861年~1930年)は北緯86度に達し、極地が海洋であることを確認し(1895年)、その後、アメリカのピアリ(1856年~1920年)が1909年に初めて北極点に到達しています。

Aan_de_Zuidpool_-_p1913-160_convert_20170221232706.jpg
1911年12月15日、南極点に到達したアムンセン一行。
左からアムンセン、ヘルマー・ハンセン、スヴェレ・ハッセル、オスカー・ウィスチング。


1280px-Scottgroup_convert_20170221233058.jpg
南極点到達メンバー
(後列左から)ウィルソン、スコット、エヴァンズ (前列左から)バウアーズ、オーツ


 ノルウェーのアムンゼン(1872年~1928年)は、北極点到達をピアリに先行された為、目標を南極点に向け、1911年12月に南極点に初めて到達しますが、この時、イギリスのスコット(1868年~1912年)と南極点到達を競ったものの、アムンゼンに35日遅れ、1912年1月に南極点に到達を果たしています。
スコットは帰路、吹雪等悪天候に遭遇した氷原で命を落としています。

ジョークは如何?

民主主義では,一歩進むために,一日をかける.

全体主義では,一歩進むために,一人を殺す.

共産主義では,一歩進むために,二歩下がる.


続く・・・

2017/02/11

歴史を歩く144

33 19世紀のヨーロッパ文化④

4自然科学と技術

 19世紀は「科学の世紀」とも呼ばれています。
18世紀迄にほぼ基礎が確立されていた近代自然科学は、産業革命による工業の飛躍的な発展に伴い、19世紀中頃からめざましく進歩しました。

img59c66e1dzikezj_convert_20170217092757.jpeg
エネルギー保存の法則(概念)

 物理学に於ける「エネルギー保存の法則」の発見、生物学での進化論及び生物体の細胞説の確立は、19世紀に於ける自然科学の三大業績と呼ばれています。

800px-Julius_Robert_von_Mayer_convert_20170217093115.jpg
ユリウス・ロベルト・フォン・マイヤー(Julius Robert von Mayer, 1814年11月25日 - 1878年3月20日)

Hermann_von_Helmholtz_convert_20170217093300.jpg
ヘルマン・ルートヴィヒ・フェルディナント・フォン・ヘルムホルツ(Hermann Ludwig Ferdinand von Helmholtz, 1821年8月31日 - 1894年9月8日)

 エネルギー保存の法則は、ドイツの物理学者マイヤー(1814年~78年)とヘルムホルツ(1821年~94年)によって1847年に発見されました。

Michael_Faraday_001_convert_20170217093459.jpg
マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)

Wilhelm_Röntgen_by_Nicola_Perscheid_1915b_convert_20170217093642
ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン(Wilhelm Conrad Röntgen、1845年3月27日 – 1923年2月10日)

 物理学の分野では、イギリスのファラデー(1791年~1867年)が1831年に電磁誘導(モーターの原理)を発見し、電磁誘導の発展に貢献し、又ドイツのレントゲン(1845年~1923年)は1895年にX線を発見し、その功績によって第1回ノーベル物理学賞を受賞しました(1901年)。

Marie_Pierre_Irene_Curie_convert_20170217093945.jpg
キューリ夫妻と長女イレーヌ

 フランスのキューリ夫妻(夫1859年~1906年、妻1867年~1934年、ポーランド生れ)は共同で放射線物質を研究し、1898年にラジウムを発見して原子核物理学の先駆となりました。

320px-Liebig-emw_convert_20170217094236.jpg
ユストゥス・フォン・リービッヒ男爵(Justus Freiherr von Liebig, 1803年5月12日 - 1873年4月18日)

 化学の分野では、ドイツのリービッヒ(1803年~73年)が有機化合物の元素分析法を改良し、有機化学の基礎を確立しました。

Louis_Pasteur_convert_20170217094423.jpg
ルイ・パスツール(フランス語: Louis Pasteur, 1822年12月27日 - 1895年9月28日)

 医学の分野では細菌学が著しく進歩し、フランスのパスツール(1822年~95年)は狂犬病予防接種に成功し、ドイツのコッホ(1843年~1910年)は結核菌(1882年)・コレラ菌(1883年)を発見しました。

2783b376.jpg
チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin , 1809年2月12日 - 1882年4月19日)

 「科学の世紀」に於ける最大の業績の一つはダーウィンの進化論で、進化論は自然科学の分野だけでなく、社会思想、文化一般に大きな反響を呼び起こしました。

img_5_convert_20170217095119.jpg
ダーウィンが乗船したビーグル号(HMS Beagle)

 イギリスのダーウィン(1809年~82年)は1859年に『種の起源』を著し、生物は生存競争、自然淘汰によって適者のみが生存し、進化するとする説を唱えました。
進化論では、生物は神の創造物であると考える従来の人間観、自然観に大きな衝撃を与え、賛否両論の激しい論争を巻き起こし、特に教会は進化論に関して、聖書の教えに反するとして激しく攻撃しました。

mendel_04-580x416_convert_20170217095456.gif
メンデルの法則(概念)

Gregor_Mendel.png
グレゴール・ヨハン・メンデル( Gregor Johann Mendel、1822年7月20日 - 1884年1月6日)

 生物学の分野では進化論の他に、ドイツのシュライデン(1804年~81年)とシュヴァン(1810年~82年)が1838年、1839年に生物体の基本単位は細胞であることを発見し、オーストリアのメンデル(1822年~84年)は遺伝に関する「メンデルの法則」を発見しました(1865年)。

 自然科学の発達と共に新しい技術の開発も大いに進歩しました。
19世紀最大の成果は新しい電気エネルギーの利用で、電気は広い範囲で利用されて人間の生活を大きく変えていきます。

Samuelfinleybreesemorse_convert_20170217100809.jpg
サミュエル・フィンリー・ブリース・モールス(Samuel Finley Breese Morse、1791年4月27日 - 1872年4月2日)

Alexander_Graham_Telephone_in_Newyork_convert_20170217101052.jpg
アレクサンダー・グラハム・ベル(Alexander Graham Bell、1847年3月3日 - 1922年8月2日)
1892年、ニューヨーク-シカゴ間の長距離電話回線開通式典でのベル


800px-Thomas_Edison2_convert_20170217101325.jpg
トーマス・アルバ・エジソン(Thomas Alva Edison, 1847年2月11日 - 1931年10月18日)

 電力が一番早く実用化されたのは通信分野で、アメリカのモールス(1791年~1872年)は1837年に電信機を発明し、又アメリカのベル(1847年~1922年)は1876年に電話機を発明しました。
少し遅れて電灯が1879年にアメリカのエジソン(1847年~1931年)によって発明され、発明王エディソンは電灯の他に蓄音機(1876年)や映画(1893年)等も発明していきます。
イタリアのマルコーニ(1874年~1937年)は1895年に無線電信を発明し、1901年には大西洋横断の交信に成功します。

Ernst_Werner_von_Siemens.jpg
エルンスト・ヴェルナー・フォン・ジーメンス (Ernst Werner von Siemens, 1816年12月13日–1892年12月6日)

 1879年にはドイツのジーメンス(1816年~92年)が発電機を発明し、1870年代以後、電力は工場の動力源、交通、運輸機関の動力源としても利用されるようになり、19世紀末から20世紀初頭には蒸気力の利用を圧倒するようになります。

Rudolf_Diesel2_convert_20170217101941.jpg
ルドルフ・クリスチアン・カール・ディーゼル(Rudolf Christian Karl Diesel、1858年3月18日 - 1913年9月29日)

Gottliebdaimler1_convert_20170217102149.jpg
ゴットリープ・ヴィルヘルム・ダイムラー(Gottlieb Wilhelm Daimler, 1834年3月17日 - 1900年3月6日)

 ドイツのディーゼル(1858年~1913年)は1897年に従来の石炭ガスに代わって石油を燃料とする内燃機関、所謂「ディーゼル・エンジン」を発明し、ドイツのダイムラー(1834年~1900年)は1883年に軽量のガソリン・エンジンを発明してまず二輪車、次いで四輪車に取り付けて稼動させる事に成功しました。
世界最初の自動車は時速18kmを出すことが出来たのです。

AlfredNobel_adjusted_convert_20170217102604.jpg
アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 - 1896年12月10日)

 化学工業も発展し、スウェーデンのノーベル(1833年~96年)は1867年にダイナマイトを発明して財を成し、彼の遺産を基金として1901年にノーベル賞が設けられました。
その他、人造ソーダ、人造繊維、人造染料等も19世紀末に発明されています。

ジョークは如何?

1937年ナチスドイツのオーストリア併合が噂される中
ムッソリーニは航空相ゲーリングの私邸に招かれた。ゲーリングは
そのとき大きなヨーロッパ地図を展示した。
ムッソリーニはドイツと同じくオーストリアも赤く塗られているのを見て「早過ぎないか」
と指摘するとゲーリングは「いつかはこうなるということです。
私は貧乏でそのたびに新しい地図は買えないので、その日にそなえて・・・」

続く・・・

2017/02/10

歴史を歩く143

33 19世紀のヨーロッパ文化③

3哲学と人文・社会科学

Kant_Kaliningrad_convert_20170214094029.jpg
イマヌエル・カント(Immanuel Kant、1724年4月22日 - 1804年2月12日)

 哲学では、18世紀末にドイツのカント(1724年~1804年)がイギリス経験論と大陸の合理論を総合、批判してドイツ観念論哲学を創始しました。

 ドイツ観念論哲学は、ナポレオンの占領下で「ドイツ国民に告ぐ」と題する連続講演を行ったフィヒテ(1762年~1814年)やシェリング(1775年~1854年)に引き継がれ、ヘーゲルによって完成されました。

Hegel_portrait_by_Schlesinger_1831_convert_20170214094244.jpg
ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel, 1770年8月27日 - 1831年11月14日)

 ヘーゲル(1770年~1831年)は、世界を精神の自己発展の過程としてとらえ、その発展の論理として弁証法を提唱しました。
弁証法は、あるもの(正)があると必ずそれと矛盾し、否定するもの(反)が生まれ、その対立、矛盾、否定を通してより高いものに総合される(合)、この正・反・合がくり返されて事物が発展していくとする考え方です。
ヘーゲルは、精神は主観的精神、客観的精神、絶対的精神(絶対精神)の三段階に発展して行き、精神の本質は自由にあるから世界史は自由が実現される過程であると論じました。

Feuerbach_Ludwig_convert_20170214094453.jpg
ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ(Ludwig Andreas Feuerbach, 1804年7月28日 - 1872年9月13日)
 
 ヘーゲルの死後、ヘーゲル左派のフォイエルバッハ(1804年~72年)はヘーゲル哲学を批判し、人間は自然物であり、自然物以外は何者も存在しないとする独自の唯物論(一般的には、世界を精神的なものと物質的なものに区別し、物質的なものが世界を動かしていく根本原理であるとする考え方)を樹立しました。

imagesaj2juhn5.jpg
カール・ハインリヒ・マルクス(Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)と妻イェニー・マルクス

 マルクス(1818年~83年)は、フォイエルバッハの唯物論とヘーゲルの弁証法を受け継いで弁証法的唯物論を確立し、歴史の発展を弁証法的唯物論の立場から解明する唯物史観(史的唯物論)を唱えて資本主義の没落と社会主義への移行の必然性を説いています。

Schopenhauer.jpg
アルトゥル・ショーペンハウエル(Arthur Schopenhauer、1788年2月22日 - 1860年9月21日)

 又ドイツのショーペンハウエル(1788年~1860年)は、カントの後継者を自任し、フィヒテやシェリングを攻撃し、インド古典哲学の研究に打ち込み、「生きることは苦しみの連続である」とする厭世哲学(ペシミズム)を展開しました。

Jeremy_Bentham_by_Henry_William_Pickersgill_detail_convert_20170214095528.jpg
ジェレミ・ベンサム(Jeremy Bentham、1748年2月15日 - 1832年6月6日)

 イギリスでは、ベンサム(1748~1832)が功利主義を創始しています。
ベンサムは人生の目的を幸福におき、快楽の量が大きい程幸福であると考え、幸福・快楽を道徳的に善と見做し、幸福や快楽をもたらすものを功利と呼んで、個人の幸福と社会全体の幸福の調和が大切であるとして「最大多数の最大幸福」を功利主義の標語としました。

Stuart_Mill_G_F_Watts_convert_20170214140500.jpg
ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill、1806年5月20日 - 1873年5月8日)

 ジョン・ステュアート・ミル(1806年~73年)は、ベンサムが快楽の量を重視したのに対して、「満足した豚であるよりは、不満足な人間である方がよく、満足した愚か者であるよりは、不満足なソクラテスである方がよい」と述べて、快楽の質を重視し、功利主義を更に発展させました。

Auguste_Comte_convert_20170214141000.jpg
オーギュスト・コント(Isidore Auguste Marie François Xavier Comte、1798年1月19日 - 1857年9月5日)

 フランスのコント(1798年~1857年)は、実際に確かめることの出来る経験的事物のみを学問的知識の源泉とする実証主義を体系化し、又社会活動を支配する法則も科学的に求められるとして社会学を創始します。

Kierkegaard_convert_20170214141146.jpg
セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard、1813年5月5日 - 1855年11月11日)

 デンマークの思想家キルケゴール(1813年~55年)は、ヘーゲルの観念論哲学を批判し、世界の発展を論じるよりも、今ここに存在している自分が如何に生きるかを追求する方が大切であるとし、神への信仰を通じて人間は絶望から立ち上がることが出来ると説いています。
キルケゴールは、20世紀に盛んとなる実存主義の先駆者とされています。

1278606760-1-leopold-von-ranke-granger_convert_20170214165850.jpg
レオポルト・フォン・ランケ(Leopold von Ranke, 1795年12月21日 - 1886年5月23日)

 19世紀は「歴史の世紀」と呼ばれ、ナポレオン支配に対して民族意識が高まったドイツが歴史研究の中心となりました。

 19世紀最大の歴史家ランケ(1795年~1886年)は、生涯のほとんどをベルリン大学で過ごしましたが、彼は厳密な史料批判によって史実を確定する客観的な歴史研究の方法を確立し、近代歴史学の祖と呼ばれています。
ランケは、16世紀~17世紀のヨーロッパ各国の歴史を多く著し、又各国史の寄せ集めでない「世界史」を残す事を志ましたが未完に終わっています。

Johann_Gustav_Droysen_-_Imagines_philologorum_convert_20170214170701.jpg
ヨハン・グスタフ・ドロイゼン(Johann Gustav Bernhard Droysen、1808年7月6日 – 1884年6月19日)

 ドイツの歴史家としては、ランケ以外に、『ヘレニズム史』を書いて、ヘレニズムと云う言葉を初めて使ったドロイゼン(1808年~84年)、『十九世紀ドイツ史』を書いたトライチュケ(1834年~98年)、『ローマ史』で有名なモムゼン(1817年~1903年)等が有名です。

Guizot3.jpg
フランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾー(François Pierre Guillaume Guizot, 1787年10月4日 - 1874年9月12日)

 フランスでは、七月王政末期の首相で『ヨーロッパ文明史』を書いたギゾー(1787年~1874年)、『フランス革命史』を書いたミシュレ(1798年~1874年)等が現れ、又イギリスでは、ホイッグの立場から『イギリス史』を書いたマコーリー(1800年~59年)や『フランス革命史』で有名なカーライル(1795年~1881年)等が現れました。

Friedrich_Carl_von_Savigny_-_Imagines_philologorum_convert_20170214171216.jpg
フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー(Friedrich Carl von Savigny, 1779年2月21日 - 1861年10月25日)

 法学では、自然法思想や啓蒙合理主義に対して、一国の法はその国民の固有の文化から生まれた歴史的所産であると考え、法の歴史性や民族性を主張する歴史法学がドイツのサヴィニー(1779年~1861年)によって唱えられました。
 
経済学では、イギリスのマルサスやリカードがアダム・スミスに始まる古典派経済学を継承・発展させました。

Thomas_Malthus.jpg
トマス・ロバート・マルサス(Thomas Robert Malthus、1766年2月14日- 1834年12月23日)

 マルサス(1766年~1834年)は古典派経済学を代表する学者であるが、『人口論』の著者としてよく知られています。
彼は、『人口論』(1798年)において「人口は幾何級数的に増加するが、食料は算術級数的にしか増加しない」ので、過剰人口による食料の奪い合いや貧困の増大は不可避であると考え、禁欲による人口増加の抑制が必要であると説きました。

David_ricardo_convert_20170214171819.jpg
デヴィッド・リカード(David Ricardo、1772年4月19日 - 1823年9月11日)

 リカード(1772年~1823年)は、労働価値説(商品の価格はその商品の生産に要する労働時間によって決定されるという説)・差額地代説・分配論等を完成し、古典派経済学を大成しました。

Friedrich_List_1845_crop_convert_20170214172040.jpg
フリードリッヒ・リスト(Friedrich List, 1789年8月6日 - 1846年11月30日)

 ドイツでは歴史学派経済学が生まれました。
歴史学派経済学は経済現象を歴史的に考察しようとするもので、その先駆者となったドイツのフリードリヒ・リスト(1789年~1846年)は、経済発展の遅れた国では国家による保護が必要であるとして、自由貿易政策を批判して保護貿易政策を主張し、ドイツ関税同盟(1834年発足)の結成に努力しました。
先に述べたマルクスは、資本主義を研究・分析し『資本論』(第1巻は1867年刊)を著し、マルクス経済学を樹立します。

ジョークは如何?

コルホーズの議長が、共産主義になったら洋服も手に入るし、食べ物も腹いっぱい食べられるようになる、と言った。
 そのとき1人のお婆さんが立ちあがって、天を仰いで言った
「ああ嬉しい! やっとツアー(皇帝)がいた頃に戻るんだね」

続く・・・