2008/08/23

今日、ジロくんを連れて、フェラリアのお薬を貰いに行きました。

以外と誤解の多い、フェラリア予防薬の知識。

11_convert_20080727110030.jpg

先生からのパンフレットを要約。

 予防薬は、月に1回飲ませていますよね?(多少忘れたりすることもあるでしょうけど。)
この薬は、1回飲ませるとその時だけ1回効きます。
あれ?、1カ月間ずーっと効いてるんじゃないの?とお思いの方は考えを改めてくださいね。
 
 改めて、その時1回だけですよ、効くのは。

 しかも、蚊に接触しやすい、屋外に居るワンくんは、毎日吸血されているはずです。
蚊に刺されない為の薬ではありません。

 では、フィラリア予防薬の効果は如何にと言えば、1カ月間自由に蚊に吸血させておくわけです!
ワンくんには悪いけど...。そして吸血される時に、蚊から、ワンくんの体の中に入ってくるフィラリアの幼虫を1カ月間貯めておいて、最後に薬を飲ませて一挙に幼虫を殺すわけです。
ですから、薬は1カ月間、薬効が持続する訳ではなく、、蚊にも刺される訳ですから、お間違えの無い様に。

◎予防薬は感染幼虫の駆虫薬

 以上の理由で、ワンくんは1カ月に1度駆虫薬を飲んでいる訳ですね。
体のどこかで死んだ感染幼虫は、体が処理してくれます。
しかし、薬を飲まなかったために死を免れた幼虫は心臓に到達して成虫となります。この状態では、フィラリア予防薬は効いてくれません。
心臓へ到達する前の感染幼虫に、予防薬は効くわけで、心臓へ行くのを防ぐと言う事で、予防薬と言っている訳です。

◎地域によって予防薬投与時期は様々

 蚊の体内に居る、フィラリアの子虫が発育して、感染幼虫という状態になる迄には、ある程度の平均気温が必要となります。その平均気温に達すると、蚊の体の中にいるフィラリアの子虫は、感染幼虫となってワンくんの体の中に入る事ができるのです。

 この平均気温は、地域によって異なります。現在HDU(Heartworm Development heat Unit)という概念のもとで、この平均気温を割り当て、感染開始と終了時期を知ることができます。
1989年と1998年では、約1カ月間もHDUが伸びて、地球の温暖化傾向も、はっきりと現れています。

 さて、感染開始時期は5月上旬になってますから、薬を飲ませ始める時期は、5月末からで良い訳です。そして感染終了時期は11月中旬ですから、最後のお薬は11月の末に飲ませて、終わりとなります。ですから九州の様に暑い期間の長い地域の例では、毎月の30日に飲ませた場合7カ月間続ける事が絶対必要なんですね。

「究極の法則」 by ダン・ケネディ
スポンサーサイト
2008/07/27

ジロくんのワクチン接種その2

こんばんは、ジロくんのお世話役の奈津子です。
151_convert_20080727224426.jpg

今日の午前の記事について、2,3とお問合せがありましたので、続きを・・・・
混合ワクチンについてその接種回数と時期の話をしようと思います。

まず子犬の混合ワクチン接種回数は2回もしくは3回行うものが一般的です。

接種を行う時期については獣医さんによって様々です。

例として2回の場合は、生後2ヶ月目と3ヶ月目に1度づつ行います。

3回の場合は生後6週目と9週目、12~14週目に1度づつというように行います。


では、なぜワクチン接種の時期が確定していないのでしょうか?

それは母犬からもらう移行抗体に関係があります。

移行抗体とは子犬が産まれてから2日以内に飲む母犬の初乳に含まれる免疫のことを言います。

子犬は自分で免疫を作り出すことが出来ません。

母犬からもらう初乳によって体の中に免疫を作ります。

でも、この移行抗体は一時的なものであってそのうちなくなってしまうのです。

そのなくなってしまった移行抗体に代わる免疫をワクチン接種によって補ってあげるのです(成る程!)

ですが、厄介なことに移行抗体が無くなってしまう前にワクチンを接種しても移行抗体にワクチンが弾かれて新しい免疫はできません。

母犬からの移行抗体がなくなる時期はその犬によって違います。大体生後6週~14週程でなくなってしまうと言われています。

この二つの事からワクチン接種の時期がはっきりとは決まってないのです。

ですから抗体のなくなり始める6~8週ぐらいに一回接種します。まだそれでも移行抗体が残っていてワクチンが弾かれているかもしれないので、その約1ヶ月後に二回目を接種するのです。3回目の接種をする場合も同じ理由です。


このような子犬のワクチン接種の必要性については皆さんよく知っていると思います。

事実、日本での子犬のワクチン接種率は約70%と比較的高いものになっています。

ですが、成犬に関してのワクチン接種率となると大幅に下がって約20%~30%と言われています。


成犬にも混合ワクチンの接種は必要です。

人間は子供の頃に予防接種を受けた場合は大人になってからも受ける必要はありません。


では、なぜ?・・・・犬は必要なのでしょう?


犬はワクチン接種によって抗体が作られてもしばらくするとなくなってしまうからです。

ですから、子犬のうちにワクチンを接種してもその後定期的に受ける必要があります。

この接種時期については子犬のときワクチンを接種してから約1年後に行います。

これはどこの獣医さんでも大体同じようです。

そしてその後は1年に1回接種する事が今まで当たり前とされてきました。

ですが、最近では3年に1回で良いという考え方もあります。

欧米ではワクチンの過剰接種は控えようという動きが強まり、接種回数を減らす方向に向かっています。

実際、1年に1回とされたはっきりした理由がないのも事実です。

まあ、1年に1回打っとけば大丈夫か・・・程度の理由のようです。

ですが、全ての抗体が必ず3年は持つという確証もありません。

最近、日本でもワクチン回数を減らす運動が行われています。

成犬のワクチン接種を3年に1回とする獣医さんも中にはあるようです。

ワクチン接種には副作用の危険もあります。必ずしもワクチン接種は100%安全であるとは言い切れません。

もし、ワクチン接種が1年に1回行う必要がないのであれば出来るだけ愛犬の負担を減らしてあげたいものです。

実は抗体の有無を調べる抗体検査なんてものもあります。

手間はかかりますが抗体検査を行って必要なワクチンのみ接種するなどの工夫も愛犬の為には必要なのかもしれませんね^^


最後にワクチン接種時の注意事項です。(もう少しですので頑張って読んでくださいね)

ワクチンを接種した当日は出来るだけ安静にさせてあげて下さい。

また、ワクチンにはアレルギーなどの副作用が現れる場合があるのでよく様子を見てあげてください。

1.アレルギー症状はワクチンを接種してから数分後から数時間で現れることがほとんどです。

2.重度の全身症状は1時間以内に発現することが多いようです。

1、2のことからワクチン接種は出来るだけ午前中に行い、出来れば接種後1時間は病院で様子を見るようにしてあげてください。

午前中に接種していれば、もし数時間後にアレルギー症状を発見してもすぐに病院で診て貰うことができますね(そうか!)

アレルギー症状には様々なものがあるので様子がおかしかったらすぐに病院に連絡して医師の指示に従ってください。

また、ワクチン接種の効果が現れるには2週間程度かかります。その間は他の犬等への接触には十分注意してあげてください。


最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ワクチンで予防できる病気についてはまた次の機会に書きたいと思います。

それでは、また(^^)/
Dr.モルツで自己啓発
2008/07/27

ジロくんの混合ワクチン接種

今日は意外と知らない犬のワクチン接種について。
11_convert_20080727110030.jpg

ワクチンには狂犬病ワクチンと混合ワクチンの2種類があります。

狂犬病ワクチンとは法律で1年に1回の接種が義務付けられているワクチンです。

混合ワクチンとは義務付けられてはいませんが、愛犬の様々な病気を予防するためのものです。

今日は、この混合ワクチンについて書いてみます。


混合ワクチンはその名の如く、数種のワクチンを混合したもので通常は2種~9種まであります。

ワクチンで予防する病気の種類は(ご存知と思いますが・・・・)

1.ジステンバー・・・感染率・死亡率共に高い病気です。

2.パルボウィルス感染症・・・ジステンバーと並んで伝染力の高い病気です。

3.アデノウィルス1型感染症(犬伝染性肝炎)・・・アデノウィルスによるもので突然死の原因となります。

4.アデノウィルス2型感染症・・・呼吸器症状が見られ、肺炎を引き起こします。

5.パラインフルエンザ感染症・・・単独で死亡することは稀ですが、他の病原体と混合感染し重症になります。

6.コロナウィルス・・・単独ではそれほど重症ではありませんが、バルボウィルスと重複感染すると死亡率が上がります。

7.レプトスピラ感染症・・・ウィルスではなく菌の一種でねずみ等から感染する人畜共通感染症です。

上記の中でジステンバー、パルボ、犬伝染性肝炎は特に重症度が高くコアウィルスとして非常に重要です。

1~5を混合したワクチンを5種混合ワクチンといいます。

5種に6のコロナを加えたものを6種混合ワクチンといいます。

7のレプトスピラ感染症には数種類あり、多くは2種または3種あります。

5種、6種混合ワクチンに7を足したものがそれぞれ7種混合、8種混合、9種混合ワクチンと呼ばれます。

ちなみに介助犬や盲導犬など人と接する機会の多いアシスタントドッグは9種混合ワクチンの接種が義務付けられています。

これはレプトスピラ感染症が人にも感染する病気だからですね^^

何種の混合ワクチンを接種するかは獣医さんとよく相談して決定してください。

そのときに各ワクチンの説明をきちんと受けてくださいね。(^^)

良い獣医さんであればめんどくさがらずにきちんと説明してくれるはずです。(^^)


混合ワクチンの接種については法律で義務付けられているものではありません(^^;)

接種するかしないかは、皆さんの自由です。

ワクチン接種によってその病気が100%防げるものではありません。

そしてワクチン接種が100%安全なわけでもありません。

例えばレプトスピラを含むワクチンは接種後のアレルギー発生の原因にもなります。

ですが、ワクチン接種がとても危険な病気の感染確率を下げてくれる事も事実です。

そして母犬がワクチンを接種することによってその子供たちへ移行抗体(初乳による免疫)が与えられるのです。

私個人の意見を言えば、愛犬の為にワクチン接種をお勧めいたします。

但し、出来るだけ多くのワクチン、9種を受けた方が良いのかといえば必ずしもそうとは言えません。

獣医さんと相談し、その犬の状態を考慮し適切なワクチン接種を行うことが大事だと思います。

時には、抗体検査等をすることも必要ですね。(^^)

また、接種する時期・回数等も様々です。

現在日本では生後2ヶ月目と3ヶ月目に1回の計2回、もしくは6週目と9週目、12週~14週目1回の計3回接種し後は1年ごとに1回という2パターンが多いと思います。

そして1年ごとの接種は必要では無い、3年ごとでいいと言う獣医さんもいます。

この接種する時期・回数についてはまた次の機会に詳しく書こうと思っています。


それでは、今日はこれぐらいで(^^)

最後まで読んで頂いた方、ほんとにありがとうございます。

各病気の詳しい話や、接種回数・時期についての話もそのうち書こうと思っているのでまた読んでやってください。


たくさんの方からの感想やご意見お待ちしています^^

「そんな話とっくにしってるよ!!」とかそんな意見でもいいんで書き込みお願いします(^^)/

それでは、また(^^)

Drモルツの12週間で自分を変えるイメージプログラミング

2008/07/20

ジロくんの暑さ対策

どうも天候が不安定で・・・・突然の土砂降り!(**)
img077_convert_20080720215901.gif
さてさて、連日の暑さで、我が家のジロくんも少々、バテ気味か?
もともと、セットランドシープドックは、涼しい処の犬ですからね。
朝、昼、午後3時、夕方、就寝前に必ず、飲み水の交換、(結構飲んでるし、ときには、虫が落ちていたり)少しでも、冷たい水を飲めるようにしています。
それと、ブラシング。
セットランドシープドックの様な、長毛犬は、ブラシングを怠ると、大変な事になります。
特に、この時期、一段と体毛が、抜けるので、この毛を漉き取る事で、皮膚迄風が通る様になります。
運動好きのワン子の場合は、特に体毛の手入れは、必要ですね!
明日は、海の日。
ゆっくり、ジロくんと遊んであげましょ!(^0^)/

セールスレターのテンプレート集
奈津子のアフィリエイトグループに興味をお持ちならここをクリック
稼げる123アフィリエイト

ブロクランキング参加中です。右側のバナーを一押しお願い致します!