FC2ブログ
2018/04/20

歴史を歩く191

41ヴェルサイユ体制下の欧米⑥

6ドイツ共和国

148445717909758411177_IMG_6453_convert_20180421214002.jpg
民衆を前に演説するローザ・ルクセンブルク

 帝政が崩壊して共和国となったドイツでは、社会民主党を中心とする臨時政府が政権を掌握しますが、社会主義革命を目ざす独立社会民主党やスパルタクス団との対立が激しくなっており、独立社会民主党は1917年に社会民主党内の反戦派が結成した革命政党で、スパルタクス団は社会民主党最左派のカール・リープクネヒト(1871年~1919年)、ローザ・ルクセンブルク(1870年~1919年、ドイツの女性革命家)らが結成した急進的革命組織で、1918年末から1919年初めに他のグループとドイツ共産党を結成しました。

スパルクス団蜂起_convert_20180421214326
ベルリンで武装抵抗する革命派

 1919年1月初め、スパルタクス団が武装蜂起しますが(ドイツ革命、1918年11月3日~1919年1月)、社会民主党を中心とする臨時政府は軍部と結んでこれを鎮圧すると共に、この蜂起に参加したカール・リープクネヒトとローザ・ルクセンブルクは共に殺害され、同年1月に行われた国民議会選挙では社会民主党が第一党となり、翌2月にヴァイマル(ワイマール)で国民議会が開かれました。

caption_convert_20180421214559.jpg
ワイマール共和国誕生の地、国民劇場

 ヴァイマル国民議会はヴェルサイユ条約を承認し、ドイツ共和国憲法(通称ヴァイマル憲法)を採択・公布します(1919年8月公布)。
ヴァイマル憲法は、主権在民・男女平等の普通選挙・労働者の団結権と団体交渉権の保障・7年任期の大統領制等が規定され、当時の世界で最も民主的な憲法であり、社会権(生存権)を初めて取り入れた憲法として有名です。
又ヴァイマル国民議会では、社会民主党のエーベルト(1871年~1925年、在任1919年~25年)が臨時大統領に選出され(1922年に正式の初代大統領となる)、ドイツ共和国の基礎が定まり、ヴァイマル憲法の制定からナチスの政権獲得迄のドイツ共和国はヴァイマル共和国(1919年~1933年)と呼ばれています。

5d297ce0-s.jpg
占領下の街頭


 こうして発足したヴァイマル共和国は、巨額な賠償金の支払いや左右両派からの攻撃に苦しみ、政局は安定せず、特に敗戦国ドイツの能力を遥かに超える賠償金の支払いは、国民生活を極度に圧迫し、その為ドイツは連合国に賠償金支払いの猶予を要請しますが、フランスは強硬に反対し、1923年1月ベルギーと共にルール占領を行いますが、これに対してドイツはストライキで抵抗したため(消極的抵抗)、生産が低下して激しいインフレに陥ります。

Billionmarks.jpg
ハイパーインフレーション. 1000パピエルマルク紙幣。赤字で10億マルクの額面が加刷されている(Wikipediaより)

 1914年7月には1ドル=4.2マルク、1922年7月には1ドル=493.2マルクになっていましたが、ルール占領が始まった1923年1月には1ドル=17972マルクとなり、9月には98860000マルクとなり、1923年11月にはついに1ドル=4200000000000マルク迄ハイパーインフレーションは進行します。
この破局的なインフレによってマルクの価値は1兆分の1に下落し、マルクは紙くず同然となり、給料生活者の生活は破滅状態となりました。
こうした状況の中でヒトラーによるミュンヘン一揆(1923年11月、ナチスによるクーデター)も発生しますが鎮圧されています。

シュトレーゼマン_convert_20180421215456
グスタフ・シュトレーゼマン(Gustav Stresemann、1878年5月10日 - 1929年10月3日)

 このドイツの危機の中で首相となったシュトレーゼマン(1878年~1929年、在任1923年)は通貨の安定・経済の再建に努め、彼はレンテンマルク(不動産を担保とする不換紙幣)を発行し、1兆マルクを1レンテンマルクと交換し、奇跡的にインフレを克服することに成功しました。
同年首相を辞任したシュトレーゼマンは、その後歴代内閣の外相を務め、英・仏との協調外交を推進し、ドーズ案の成立(1924年)・ロカルノ条約の調印(1925年)・ドイツの国際連盟加入(1926年)等に尽力し、ノーベル平和賞を受賞しています(1926年)。

Chas_G_Dawes-HE_convert_20180421215810.jpg
チャールズ・ゲーツ・ドーズ (Charles Gates Dawes, 1865年8月27日 - 1951年4月23日)

 未曾有のインフレによってドイツ経済が破綻する中で、アメリカの実業家・財政家ドーズ(1865年~1951年)を長とする専門委員会がドイツの賠償金問題に関するドーズ案を作成し(1924年4月)、ドイツの賠償金支払いの負担を当面軽減し、ドイツに巨額の外資(主にアメリカ資本)を貸与してドイツ経済を復興することを決定し、ドーズ案の成立によってフランスはルールから撤兵しました(1925年)。

image221_convert_20180421223030.jpg
賠償金支払と戦時債権償還の概念
 
 ドーズ案は、ドイツ経済を復興して賠償金支払いを可能にし、ドイツから賠償金を受け取ったフランス・イギリス(フランスは52%を、イギリスは23%を受け取る)にそれを対米債務の返済に充てさせ、国際経済を回復させようとするものでした。
ドーズ案によってドイツ経済は復興し、1925~26年頃には戦前の水準を回復しました。

Liebermann_portret_van_Paul_von_Hindenburg_convert_20180421223411.jpg
パウル・ルートヴィヒ・ハンス・アントン・フォン・ベネッケンドルフ・ウント・フォン・ヒンデンブルク
(Paul Ludwig Hans Anton von Beneckendorff und von Hindenburg、1847年10月2日 - 1934年8月2日)


 1925年に大統領のエーベルトが急死し、保守派と軍部に推されたヒンデンブルク(1847年~1934年、在任1925年~34年、第一次世界大戦中のタンネンベルクの戦いの勝利によって国民的英雄となった将軍)が大統領選に圧勝して大統領に就任しました。
ヒンデンブルクは、当初シュトレーゼマンの協調外交を支持しますが、世界恐慌に対処できず、1932年に再選されましたが、翌1933年にヒトラーに組閣を許す結果となります。

オーウェン・D・ヤング_convert_20180421223956
オーウェン・D・ヤング(Owen D. Young、1874年10月27日 - 1962年7月11日)

 この間、賠償金問題については、アメリカの財政家ヤング(1874年~1962年)を長とする第2回専門委員会が1929年6月にヤング案を作成し、賠償総額を約358億金マルクに削減し、支払期間は59年間に緩和されましたが、このヤング案は世界恐慌の激化と共に実施不可能となり、1932年にローザンヌ会議で修正されて賠償総額は30億金マルクに迄引き下げられましたが、翌1933年に成立したヒトラー内閣はこれを破棄します。

名言集

"Power is something to give, if one robs you not to take away it will be burned down"(英語)

"Macht ist etwas zu geben, wenn man dich beraubt, es nicht wegzunehmen, wird es niedergebrannt"’(ドイツ語)

「権力は授かるもの、奪うものではない無理に奪いとればその者は焼き尽くされる」

パウル・フォン・ヒンデンブルク


続く・・・



スポンサーサイト

続きを読む

2018/04/07

歴史を歩く190

41ヴェルサイユ体制下の欧米⑤

5フランスの政情

19170114r_convert_20180413101353.jpg
ポン=タ=ムッソン - ドイツ軍の到着前に爆破された橋

 フランスは第一次世界大戦で国土が戦場と成り、戦争の被害が最も大きく、戦勝国にもかかわらず戦後経済的・社会的苦難に直面しました。
その為、戦後のフランスではドイツに対する報復姿勢が強く、パリ講和会議ではドイツへの制裁を強く要求し、出来る限り重い賠償義務を課そうとします。

Georges_Clemenceau_1_convert_20180413101545.jpg
ジョルジュ・バンジャマン・クレマンソー(Georges Benjamin Clemenceau、1841年9月28日 - 1929年11月24日)

 パリ講和会議にフランス全権として出席したクレマンソーは、1920年の大統領選挙に敗北して政界を引退し、1922年に首相となったポワンカレ(ポアンカレ、在任1922年~24年)は、ドイツに対する強硬政策を取り、1923年1月にはドイツの賠償不履行を理由にベルギーと共にルール占領(ルール出兵)を強行しますが、この背景にはフランスが、ドイツの賠償金総額の52%を受け取る事になっていた為でした。

800px-French_enter_Essen_convert_20180413101756.jpg
1923年、エッセン市内を行進するフランス軍騎兵

 しかし、ドイツがストライキ等で抵抗した為にドイツ経済は混乱に陥り、フランスも得るところなく1925年にはルールから撤兵を余儀なくされます。
こうした対独強硬策の失敗が明らかになる中で、ポワンカレ内閣は国民の支持を失い、1924年5月の総選挙では左派連合が過半数を獲得し、急進社会党のエリオ(1872年~1957年)を首班とする左派連合内閣(1924年~25年)が成立します。

Aristide_Briand_2.jpg
アリスティード・ブリアン(Aristide Briand, 1862年3月28日 - 1932年3月7日)

 左派連合内閣で外相を務めたブリアン(1862年~1932年)はドイツとの協調に政策を転じ、ルールから撤兵(1925年5月)、ロカルノ条約(1925年10月)を結んで独仏関係の好転に努力し、彼はその功績によってノーベル平和賞を受賞しました(1926年)。
左派連合内閣はソ連を承認する(1924年10月)等対外問題では実績を上げましたが、国内ではインフレを克服できず、1926年7月には左派連合内閣に替わって、ポワンカレ挙国一致内閣(1926年~29年)が成立し、ポワンカレは蔵相を兼任してインフレと財政危機の克服に努めた結果、フランス経済は急速に回復し、この内閣でも外相を務めたブリアンは不戦条約(1928年)を提唱して国際平和に貢献しました。

名言集

"It is much easier to start a war than to get peace."

「平和を手に入れるより、戦争を始める方がはるかに易しい 」


続く・・・