FC2ブログ
2011/12/02

人類の軌跡その254:アレクサンドロス大王①

<アレクサンドロス大王の遠征その①>

alex_mosaic2_convert_20111202201043.jpg

 紀元前334年、マケドニア王アレクサンドロス Alexandros(アレクサンダー Alexander)は、マケドニアとギリシアの連合軍を率いて、現在のダーダネルス海峡を越えて小アジアへ渡り、ダリウス3世時代のペルシア軍と対峙し、次々と勝利を収めました。

◎紀元前334年小アジア北端のグラニコス川の戦い

 ギリシア・マケドニアの連合軍は歩兵約3万・騎兵約5千人で、ヘレスポントス(今のダーダネルス海峡)を渡り、一方ペルシア軍は、約4万人(ギリシア人傭兵2万人を含む)をグラニコス河畔に待機させていましたが、アレクサンドロスは自ら騎兵隊の先頭に立って、渡河作戦を決行しペルシア軍に突撃、その間に味方が河を渡りペルシア軍を撃破しました。

◎紀元前333年シリアへの入り口に近いイッススの戦い

 アレクサンドロスは、山が海に迫った狭い地形のイッソスで、ダレイオス3世率いるペルシア軍の精鋭を迎え撃ちました。
ここでも、アレクサンドロスは自ら敵陣へ突撃しダレイオス3世に肉薄し、ダレイオス3世は腿に傷を受けて命からがら逃れ、ギリシア・マケドニアの連合軍は大勝します。
ペルシアは精鋭を選りすぐった筈の大部隊が敗北を喫し、主戦力を喪失しました。

 多くの捕虜と伴に、取り残された王母・王妃・2人の王女も捕虜となるも、アレクサンドロスは王族として手厚く持成したと云います。
ペルシア軍の残した多くの金銀塊を取得、又後方のダマスクス市に残された莫大な財宝を手中に収めた事は、遠征軍の財政難を一挙に解決したのでした。

◎紀元前332年ペルシアに支配されていたエジプトの解放

 アレクサンドロスは、フェニキアの海岸に沿って南下しながら途中の町々を征服し、エジプト領内に進入。
 紀元前525年からペルシアに支配され、サトラプの厳しい統治下にあったエジプトは、アレクサンドロスを歓迎し紀元前332年に首都メンフィスへ無血入場を果たしました。

続く・・・

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント