fc2ブログ
2008/11/02

11月3日 文化の日・手塚治虫氏の誕生日

11月3日

belladonna04.jpg belladonna06.jpg belladonna07.jpg

11月3日は、手塚治虫氏の誕生日(1928年〈昭和3年〉11月3日 - 1989年〈平成元年〉2月9日)です。
その日に因んで代表作を紹介と言いたい所ですが、余りにも沢山で、どうしたものか。
其処で、もう30年以上も前に制作された、長編アニメーション・アニメラマ3部作最後の作品になりました「哀しみのベラドンナ」をご紹介します。

 アニメラマに限らず、虫プロダクションの作品には、ちょっとアーティスティックな部分があるのですが、この『哀しみのベラドンナ』はその中でも頂点を成す作品と思います。

 この作品は、『千夜一夜物語』『クレオパトラ』に続く大人の為のアニメーションの第3作ですが、スケールの大きな歴史絵巻であった前2作とは、ドラマも映像の作りも大きく異なっており、キャッチフレーズも「アニメラマ」から「アニメロマネスク」に変更されています。
原作は歴史学者ジュール・ミシュレの「魔女」。
中世フランスの農村を舞台に、より強烈な官能性と沈痛な叙情性で、愛する夫の為に悪魔に肉体を売った女性、ジャンヌの哀しき物語を描いています。
映像的には、挿絵画家の深井国を登用し、彼のイラストのイメージで全編を制作。
セル画のテイストを極力排し、静止画を多用する、あるいはイラストを動かしてしまうという実験的なスタイルが採られました。中でも映画の中盤、ジャンヌが悪魔に身と心を委ねた後の、イメージが洪水のように溢れかえるシークエンスは圧巻です。

 これ程の内容であるにも関わらず、『哀しみのベラドンナ』は公開後、ほとんど振り返られる機会がありませんでした。
アートアニメーションが脚光を浴びている今だからこそ再評価されるべき作品では無いでしょうか?

<物語>

 中世フランスのとある村。
ジャンとジャンヌの婚礼の日、領主は貢ぎ物の代わりにジャンヌを犯し、家来達に輪姦させた。 
村は飢饉だったが、悪魔の力を得たジャンヌは紡いだ糸を売って生計を立て、そのおかげでジャンは税金を取り立てる役人になる事ができた。
だが、戦争の資金が調達できなかったジャンは左手首を切り落とされ、やがて、ジャンヌは悪魔つきとして村人に追われる。
ジャンにも見放されたジャンヌは、身も心も悪魔に委ねて、魔女となった。
黒死病が村を襲い、人々は倒れていった。
ジャンヌは毒草ベラドンナを使い、人々の病を治すのだが……。

<制作スタッフ・配役>

作/渡辺忠美、吉田輝明、本橋誠、小池佳子 
原作/ジュール・ミシュレ 
翻訳/篠田浩一郎(現代思想社「魔女」より) 
監督/山本暎一 
脚本/福田善之、山本暎一 
美術/深井国 作画監督/杉井ギサブロー 
音響監督/田代敦巳 
音楽/佐藤允彦 

声の出演/長山藍子、中山千夏、高橋昌也、米倉斉加年、伊藤孝雄、しめぎしがこ、津坂匡章、山谷初男、新村礼子、林昭夫、山口譲、磯貝陽悟、石橋雅史、折尾吉郎、伊東満智子、後久博、菊池剣友会、仲代達矢

無料小冊子「あの人はなぜ、いつも成功するのか」←興味を持たれたお客様、クリックをお願い致します。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント