FC2ブログ
2008/11/06

銀河鉄道999

銀河鉄道999(劇場版)

03-mot_convert_20081106210632.jpg

<物語>
機械の身体を得て、人間は死の恐怖から開放されました。
しかし、何時の時代にも、貧しい人々は存在するのです。
彼らにとって、機械の身体は高価なものであり、買う事等夢でした。
そんな中、一つの噂が流れます。「銀河鉄道に乗れば、タダで機械の身体を貰える星に行ける」。

 けれども、銀河鉄道のパスも又、極めて高価な存在です。
少年・星野鉄郎は母と二人、噂を頼りに銀河鉄道の停車駅、メガロポリス中央駅に向かいます。
その途中、二人は機械伯爵による人間狩りに遭い、母は殺されてしまいます。

 時は流れ、メガロポリスのスラムに住み着いた鉄郎は、仲間達と銀河鉄道のパスを手に入れる機会を伺い、実行に移しますが、機械ポリスに追われ失敗。
その時、哲郎の窮地を救った美女メーテルから、鉄郎は銀河超特急999号のパスをもらい受けて、メーテルと共に銀河に旅立つ。

 旅の途中、鉄郎は、タイタンの山賊アンタレスや女海賊エメラルダス、キャプテン・ハーロックとその親友大山トチローとの出会い、そして別れを通じて、次第にたくましく成長してゆきます。
タイタンで、トチローの母である老女から受け取った『戦士の銃』で、ついに自分の母の仇・機械伯爵を倒す鉄郎。
目的を果たした鉄郎は、いつしか機械の体を憎むようになり機械の体をタダでくれるという惑星を破壊すると宣言します。 そして999号は終着駅に向かった・・・

<解説>
 「銀河鉄道999」劇場用長編第一作であり、SFアニメブームを巻き起こしたアニメーション大作です。
全宇宙を覆う機械人間の脅威、愛する母を奪われた少年・鉄郎が復讐を胸に、機械人間の絶滅を果たすまでの冒険を描いています。
「宇宙海賊キャプテンハーロック」のチーフディレクターだったりんたろうを監督に迎え、TVシリーズとして人気を博していた「銀河鉄道999」を原作未完のまま、一本の完成された映画として造りあげた作品。
主人公鉄郎を、原作・TVシリーズより年上に設定し、ハーロックやエメラルダスなども出演。
原作や当時放送中だったTVシリーズにさきがけて、アンドロメダの機械化母星での結末を見せる等、話題性も高く、興行的にも大ヒット作となった。

 当時「銀河鉄道999」は、コミック、TVと必死で読み、見てました。
この映画版999は、TV放映終了前に、ラストを見せると言う大胆な構成で、驚いた記憶があります。
エメラルダス登場のセリフ、「私の船を撃ったのは誰?名乗りなさい」と静かに言いながら、999の客室を歩くシーンが、カッコ良くて!(^^)

Drモルツの12週間で自分を変えるイメージプログラミング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

999いいですね♪

こんばんわ♪
ご無沙汰でした~
999ですね!
松本零二にはまった世代です~
きっかけは宇宙戦艦ヤマトですね!!