FC2ブログ
2008/11/13

西遊記 私が始めて物語を知った作品です。

西遊記

ec_atoa0071_0001_c01_01.jpg ec_atoa0071_0001_c02_01.jpg ec_atoa0071_0001_c05_01.jpg ec_atoa0071_0001_c08_01.jpg

<物語>
 遠い昔、住む人も無い山奥で、石の中から不思議な猿が生まれました。
彼は大変な臆病者でしたが、かわいい少女猿・リンリンの励ましで、やがて猿の王様になります。
ところが思い上がった彼は、大変な暴君になってしまいます。
人間よりも偉くなるために無理やり仙人の弟子になると、72通りもの術を身につけて“孫悟空”の名前を与えられたのです。

 得意絶頂の彼は、リンリンに御馳走しようと仙界の桃を盗もうとして、仙女に見つかってしまいます。
お釈迦さまが罰として彼を閉じ込めたのは、まるで世界の果てのような五行山の岩穴でした。
たった一人だけ、悟空を想って訪ねてくれる者がいました。リンリンです。
来る日も来る日も訪ねてくるリンリンの真心に打たれたお釈迦さまは、悟空を石牢から出して、天竺へ経文を取りに向かう三蔵法師のお供につけることにしました。
こうして孫悟空の旅が始まったのです。彼は王様にふさわしい立派な猿に成長して、天竺から戻ってくる事が出来るのでしょうか?

 さて、この物語の中で、リンリンが悟空をしたって歌う唄。
「夢を探して旅に出る、それで貴方は幸せだろうけど、私は一人ぽっちで残されて、悲しき待っている」と言った意味の歌が好きでした。

<解説>
 手塚治虫先生の「ぼくの孫悟空」をベースに、作り上げた作品。
脚本は黒澤映画のシナリオも手がけた植草圭之助。
音楽には服部良一を迎え、大工原章と森康二の二人の巨匠が作画チームを率いた。
手塚治虫先生自身が、共同演出として、製作の先頭に立った作品です。

放映:1960年08月

<制作スタッフ>
原案構成:手塚治虫
企画:高橋秀行、渾大坊五郎
製作:大川博
脚本:植草圭之助
演出:藪下泰司:手塚治虫、白川大作
作画監督:大工原章、森康二
原画:手塚治虫、森康二、熊川正雄、大工原章、古沢日出夫、大塚康生
美術:矢野雅章、沼井肇
音楽:服部良一

<出演>
孫悟空:小宮山清
憐々:新道乃里子
猪八戒:木下秀雄
沙悟浄:篠田節夫
三蔵法師:関根信昭
釈迦如来:武田国久
観世音菩薩:尾崎勝子
少龍:白坂道子
牛魔王:巌金四郎
羅刹女:加藤玉枝
金角大王:川久保潔
銀角大王:風祭修一

<音楽>
主題歌:「でたらめのうた」
作詞:西沢爽
作曲:服部良一
歌手:守屋浩
挿入歌
作詞:西沢爽
作曲:服部良一
歌手:島倉千代子

Drモルツの12週間で自分を変えるイメージプログラミング
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント