2015/09/29

歴史を歩く139

18 宗教改革④

3イギリス国教会の成立

22040006274_convert_20150929164733.jpg
ヘンリー8世

 イギリスでも宗教改革が起こりますが、イギリスの宗教改革はテューダー朝第2代の国王ヘンリー8世(1491年~1547年、在位1509年~47年)の離婚問題から始まり、宗教的動機よりも政治的・経済的な動機の方が強かったのが特色です。

 ヘンリー8世は、初めは熱心なカトリック教徒で、ルターの宗教改革がおこるとそれに反対する論文を発表し、教皇から「信仰の擁護者」と云う称号を受ける程でした。

f5d1d8bc0e96fb43ac805b6cba5a1021_convert_20150929165159.jpg
キャサリン・オブ・アラゴン

 しかし、その後ヘンリー8世は王妃キャサリン(カザリン)との離婚を教皇に願い出ますが、教皇が離婚を認めなかったために教皇と対立するように成ります。

 ヘンリー8世は、早世した兄の未亡人キャサリン(1485年~1536年、スペイン王フェルナンド5世とイサベルの娘)と結婚しますが(1509年)、キャサリンには男子の後継者が生まれず、又キャサリンの侍女アン・ブーリン(1507年~36年)と親密な関係に成り、離婚を決意して教皇に許可を求めますが、教皇はキャサリンがスペイン王家の出身で、当時の神聖ローマ皇帝カール5世の叔母であったために許可することは出来ませんでした。

anne12.jpg
アン・ブーリン

 ヘンリー8世はキャサリンとの離婚を強行し、アン・ブーリンと再婚を果たし(1533年)、イギリス国民の間に強かった反ローマ教会の機運を利用してローマ教会からの独立を決意しました。

 ローマ教皇はヘンリー8世を破門に処しますが、ヘンリー8世は議会の支持のもとに、1534年に首長法(首長令)を発し、イギリス国王がイギリス国教会の唯一・最高の首長であると宣言し、イギリス国教会をローマ教会から分離・独立させ、又同じく議会立法で修道院を廃止し、その広大な土地・財産を没収しました(1536年、及び1539年)。

 イギリスの宗教改革は、ルターやカルヴァンの宗教改革のように教義をめぐる宗教的動機からでなく、中央集権化をはかるヘンリー8世が、ローマ教会からの分離・独立と修道院財産を没収して王室財政の強化をはかるという政治的・経済的動機からおこしたことが特色であり、そのため教義上の改革は不徹底で、イギリス国教会の教義はカトリックとほとんど変わらなかったと云われています。

173_convert_20150929165825.jpg
トマス・モア

 イギリスの代表的なヒューマニストであり大法官であったトマス・モアは国王の離婚と首長法に反対して処刑されています(1536年)。

 尚ヘンリー8世は6人を王妃としたが、そのうち2人が離婚され、2人が処刑されており、アン・ブーリンも男子を出生しなかったので姦通罪の汚名をきせられて処刑されています。

Edward_VI_Scrots_c1550_convert_20150929170020.jpg
エドワード6世

 ヘンリー8世の死後、彼の唯一の男子であったエドワード6世(1537年~53年、在位1547年~53年)が9歳で即位します。
エドワードの母は第3王妃のジェーン・シーモアで、エドワード6世は、『トム・ソーヤーの冒険』で有名なアメリカの作家マーク・トゥーエンの『王子と乞食』(1881年)における王子のモデルと伝えられています。

 エドワード6世のもとで、プロテスタント化が進められ、イギリス国教会の礼拝儀式や教義を規定した一般祈祷書がつくられ(1549年)、教義面でも福音主義・信仰義認説・予定説等カルヴァン派に近いプロテスタンティズム(新教主義)の原理が取り入れられます。
エドワード6世自身は生来病弱であったため在位6年で没しています。

450px-Mary1_by_Eworth_2_convert_20150930224822.jpg
メアリ1世

 エドワード6世の後は、メアリ1世(1516年~58年、在位1553年~58年)が継承しますが、メアリ1世の母はヘンリー8世の最初の王妃で離婚されたキャサリンでした。

 メアリ1世は、母の影響を受けて熱心なカトリック教徒となり、異母弟エドワード6世の治世中も、国教会の礼拝を拒否し、カトリックの信仰を貫きます。

 そして王位に就くとカトリック教会を復活させ、更に国民の反対を押し切って熱烈なカトリック信者として知られるスペイン皇太子フェリペ(後のフェリペ2世)と結婚し、カトリック復活を企てて国教徒(イギリス国教会の信者)を弾圧し、多くの国教徒を処刑にした結果「流血好きのメアリ」と呼ばれました。

3741b4281b8bc4fddafc243f1a272dd1_convert_20150929170820.jpg
エリザベス1世

 病身であったメアリ1世も治世5年で亡くなり、エリザベス1世(1533年~1603年、在位1558年~1603年)が王位を継ぎます。
エリザベス1世の母は、ヘンリー8世の第2王妃のアン・ブーリンであり、3歳の時に母が刑死したので、以後メアリ1世によってロンドン塔に幽閉される等苦難の時代を送りましたが、ヘンリー8世の遺言でエドワード6世、メアリ1世に次ぐ王位継承者となり、メアリ1世の死によって、25歳で即位します。

 エリザベス1世は、イギリス絶対王政の最盛期を現出したイギリス史上最も有名な女王ですが、宗教面では中道の政策に復帰し、1559年に首長法(首長令)と統一法(統一令)を発布し、イギリス国教会の礼拝・祈祷の統一をはかり、これに従わない者への刑罰も定め、これによってイギリス国教会の体制が最終的に確立されたのです。

ジョークは如何?

チャウシェスク政権下のルーマニアにてある真冬の天気予報

お天気おねーさん「全国の明日の気温ですが、全国で零下18度です。
         たいへん寒い日が続きますので注意してください」
見ていた子供  「パパー、ママー。毎日-18゚Cしか書いてないけどどうしてなの?」
パパ&ママ   「それはそういうきまりになっているからだよ」

↑実話
※真相は、チャウシェスクの指示でいくら寒くても-18゚Cと発表することに
 なっていた。石炭の配給が同気温の場合を前提にしていたので、それ以上寒いと
 よけいに石炭を配給しなければならなかったのだ。


続く・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

秋葉奈津子様 こんばんは。

今夜も真ん丸い満月が中空から青白い光を投げかけています。
窓から手を伸ばせば取れるような錯覚に陥ります。
昨日より大きさは小さいですが。

気温は高めですが、
風が冷たく北風ですね。
ハナミズキが紅葉して来ましたが、
まだまだ紅葉は先のようです。

「おきてがみ」反映できると思いますがいかがでしょうか。

葉山左京様、おはようございます。

おはようございます。

9月30日、水曜日のご挨拶です。

「おきてがみ」に私の訪問は、反映されていませんね。

いよいよ9月も今日で終わります。
暦も明日から10月。
年末事も頭に過る頃に成って来ました。

マイナンバーが初まりますが、会社業務が又増えてしまいます。
此れから、社員、従業員の登録に追われることでしょう。

今日は、朝焼けが大変綺麗です。
天気予報では今日の夜から下り坂になり、明日も雨模様の様です。
今回の台風は、九州本土への影響は皆無でしたが、台湾周辺の被害を見ると、恐ろしい限りです。
この様な台風が来ないことを祈ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

秋葉奈津子様 こんばんは。

「おきてがみ」に反映されていませんか。
もう一度やり直してみます。
私のPCがおかしいようですね。
不便おかけして申し訳ありません。

今夜は雲が多いですが丸い月が照ったり、雲に隠れたりして
遊歩道を照らしています。
月の光は結構明るいものですね。

ご指摘ありがとうございます。

大川様。

ブロクへのご訪問ありがとうございます。

肖像画の間違いへのご指摘、感謝致します。

早速、肖像画を変更致しました。

又、お気づきの箇所等ございましたら、どうぞご遠慮なくご教授下さい。

宜しく、お願い致します。

秋葉奈津子様 おはようございます。

東の空がほんの薄っすらと明るくなってきました。
段々日の出が遅くなってきました。

もう10月ですね。
今月も宜しくお願いします。

朝晩冷えて来ましたがまだ虫の声が聞こえてきます。
秋が深まりつつあり、紅葉ももう時期だと思われます。

葉山左京様、おはようございます。

おはようございます。

10月2日、金曜日のご挨拶です。

昨日の朝、北九州は大荒れのお天気でした。
突然の豪雨で、勤務先に向かう道路は、冠水し大渋滞。
市内は到る処で、渋滞が発生し、朝の通勤時間帯は大混乱、更に終日、北東方向の風が時折、台風並みに吹く等、雨と風で大変な1日に成りました。

台湾や八重山列島に大きな被害をもたらした台風21号から変わった低気圧が原因とのことですが、当に弱い雨台風と呼んだ方が良い様な天候でした。
私も油断していたので、衣類を含めて、滅茶苦茶に成った1日でした。

この時期、天気予報には用心ですね。