FC2ブログ
2009/12/14

歴史の?その66

<琥珀の間の行方:前編>

2_convert_20091214212753.jpg

 アドルフ・ヒトラーの最後:前編・後編にたくさんのお言葉を頂戴致しました。
本当に有難うございます。
その中に“琥珀の間”についてお尋ねなった方がいらっしゃいました。
第二次世界大戦、特に東部戦線の概要について、相当な知識をお持ちの方と思いますが、今回、私も“琥珀の間”について書いて見たいと思います。

 先にも述べました様に、アドルフ・ヒトラーの最後には当時多くの疑問が在り、曖昧模糊とした結末の様に思われましたが、現在では、ローパーによる“ヒトラーの最後”がほぼ定説となっています。
今回の部分は、歴史の分野でも正史ではなく、どちらかと言えば外史の範疇に属する部分になりますので、参考程度に読んで下さい。

 ドイツ第三帝国が、1939年のポーランド侵攻以来、電撃作戦の名の基に破竹の快進撃と続けた時期、ヨーロッパは当に暗黒の時代でした。
非占領地の人々は、レジスタンスを組織し、抵抗を繰り返しましたが、大きな効果を上げる事は出来ませんでした。
ナチスは、その侵略占領地域の美術工芸品を次々と、ベルリンに移送しました。
“琥珀の間”は、東部戦線の開戦後。ソビエト連邦内に侵攻したドイツ軍よって、ソビエト領外に持ちさられた、当時時価5千万ルーブル(180億円以上:資料が古く現在の時価は不明、昭和48年時)と見積もられる国家的財宝です。

 ドイツ軍は、レニングラード(現:サンクトペテルブルグ)郊外24kmに位置するプーシキン(旧称:ツァールスコエ・セロ「皇帝の小さな村」現:サンクトペテルブルグ市プーシキン区)に侵攻、ここには、エカテリーナ宮殿が在ります。

 女帝エカテリーナ2世と言えば、帝政ロシア華やかなりし頃、その絶大な権力を誇った皇帝であり、エカテリーナの王冠は、頂上に小さな十字架を立て、高さ27cmのドーム型に金銀、ダイヤモンド、ルビー、真珠等総計実に2858カラットの宝物で構成されています。
又、女帝が身に付けていた、巨大ダイヤ“オルロフ”は196カラットと言う比類無い大きさの宝物は、インドで発見され、1773年にアルメニア商人を通じて、ロシアのオルロフ伯爵の手に渡り、翌年、女帝に献上されました。

 以上2点を含む、諸々の財宝は、何れも現在、クレムリン最高会議場近くの宝物貯蔵庫“オルジェイナヤ・バラータ”に収蔵されていますが、此処には、南ウラルで産出した世界最大の自然金塊“大三角”の他ダイヤモンド“皇帝”等の貴石名玉が収納されています。

後編に続く・・・
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント