FC2ブログ
2008/09/03

「アンデス少年ペペロの冒険」粗筋シリーズNo8

第22話から第24話、終点迄もう少し、お付き合い下さい。
湖底の黄金神殿

◆第22話「湖底の黄金神殿」 
ペペロ達が旅の途中、男から聞かされた話は、昔、侵略者が都を襲い、其の為エルドラドは湖底に沈んでしまった、という話だった。ペペロ達は湖へ行き、水面を覗き込む。湖底には、確かにエルドラドらしい黄金神殿が見える。その神殿を見て、ケーナは自分がエルドラドの王女様であった事を思い出す。

 ペペロとアステコは湖に潜り、それを確かめようとするが、ワニの為に近づけない。湖の岸に住んでいる海豚を操るラワン少年により、神殿の中を案内される。神殿の中には、願いが叶うという黄金のコンドルの王冠があった。

 同行していたクイという男がそれを手にしようする。ラワンの父である神官により、この湖底神殿の秘密を明かした。このエルドラドは、黄金に目が眩んだ者を欺かせる為に作られた偽物だった。そして、ペペロの父が古文書を解読し、真のエルドラドへ行く道を見つけたということを、ペペロたちに告げるのだった。

pepero05.jpg

◆第23話「ふしぎな地底王国」 
 黄金のコンドルを追っていたペペロ達は、滝の裏から通じる世界に迷い込んでしまった。その世界は、エルドラドの隣の国、入り口が有って出口が無いと言われる「ミナス王国」であった。

 霧に包まれたその国では、沢山の子供達が居た。女王ミナスは、ペペロ達をこの国から出さないばかりか、ケーナをエルドラドの王女と認めない始末。さらに、この国で暮らすことを命じるのだった。

 ペペロ達は、ケーナの笛を頼りに、ミナス王国からの脱出を試みる。何とか出口らしい場所に入るが、煙に巻かれ息ができない。その時ケーナの笛のメロディーに気付いたミナスが、ケーナをエルドラドの王女と認め、ミナス王国の秘密を明かす。ミナス王国の子供達は、実は親に死に別れたり、実の親に捨てられた、親を知らない子供達だった。

 子供達は女王ミナスの許に残ることになった。ペペロ達は子供達に見送られ、ミナス王国を後にする。

pepero08.jpg

◆第24話「鬼隊長の娘」 
 ペペロ達がナスカの砦で出会った少女ロレナは、甘えん坊でペペロ達に遊びをせがむ。実は、ロレナは、鬼隊長と呼ばれているこの砦の首領の娘。

 外へ出たペペロ達とロレナ。ペペロは母に死に別れ、ひとりぼっちだったロレナの希望を叶えてやる。そんな時、草笛の音が聞こえてきた。見ると、ロレナが草笛を吹いている。ロレナは、ペペロの父から草笛を教わったのだ。どうやら父は、このナスカの砦を通ったらしい。

 一緒に遊んでいるうちに、心が通いあうペペロ達とロレナ。そこへ、首領がやってきた。ロレナの事が心配でたまらなかったのだ。首領に飛びつくロレナ。そしてペペロ達は、ロレナの案内で砦を出る。首領はペペロ達のお蔭で、ロレナが思いやりのある人間になった事を喜ぶのだった。

Drモルツの12週間で自分を変えるイメージプログラミング←興味を持たれたお客様、クリックして下さいね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは。
Mr.Xと申します。
名前は怪しいですが、ブログの内容には
自身があります。

9月20日までの期間限定で9800円の有料情報が
無料で公開されています。
たった2通のメールで36万円の高額商材を1045万円
売り上げた秘密を暴露しています。
また、メルマガ発行パーフェクトガイドもついています。
詳細は下記をご覧下さい。
http://jyouhoupro.blog94.fc2.com/blog-entry-31.html

楽しいお話をありがとうございます。


応援ポチさせていただきました。
ランキング上昇を心よりお祈り致します。

今後ともよろしくお願い申し上げます。