FC2ブログ
2008/09/05

久しぶりに星座のお話をどうぞ!

こと座の神話
koto-b1_convert_20080905210210.jpg

 ~恋するハープは悲しい音色~

 こと座の琴は,音楽の名手オルフェウスが携えてた、ハープでの事です。太陽と音楽の神アポロを父として、歌の女神カリオペを母として生まれたオルフェウスが、ギリシャ一の音楽の天才になったのは当然の事でありました。彼がハープを奏でながら歌うと、人間はもちろん、山野の動物達も聞きほれ、岩さえも柔らかくなったと言われる程でした。

 オルフェウスは、泉の精エウリディケに恋し、神々の祝福を受けて結婚しました。しかし、楽しい結婚生活も長くは続かなかったのです。ある日、友達と草原を散歩していた、エウリディケは毒蛇に足をかまれ、そのまま息を引き取ってしまったのです。突然の死の訪れにオルフェウスの悲しみはとても深かった。彼はどうしてもエウリディケを生き返らせたいと思いつめ、ハープを手にして地下の死の国へ向かいました。
 
 猛々しい番犬ケルベロスも、冷たい三途の川の渡し守も、オルフェウスの悲しい歌に感動し、死者ではない彼を特別に通してくれました。死の国の王プルトーンの前に出たオルフェウスは、ハープを奏で心の心痛を歌い、妻をもう一度地上へ帰して欲しいと訴えました。始めは冷たく拒絶したプルトーンも、オルフェウスの熱意に絆され、願いを聞き入れました。
 
 天にも昇る思いで、オルフェウスはエウリディケを従えて地上へ向かいました。プルトーンは、妻を帰す条件として、死の国を出るまで後ろを振り返ってはならないと言い渡していたのです。
地下の道は長く、オルフェウスは次第に心配になってきました。エウリディケの足音が聞こえない!!地上の明るい光が見えた時に彼は我慢できなくなり、後ろを振り返ってしまった。その瞬間、エウリディケは小さな叫び声を残して再び死の国へ引き戻されてしまった。
 
 オルフェウスは、半狂乱で妻の後を追った。しかし今度は、渡し守も川を渡してくれなかった。失意のオルフェウスは、ハープを奏でながら山野を彷徨い歩いた。エウリディケの幻を追う彼は、女性をけっして近づけなかった。そのためトラキアの女達の恨みを買い、酒の神の祭りの夜になぶり殺しにされ、亡骸は川に捨てられた。
 
 オルフェウスのハープは、ひとり悲しい調べを奏でながら流れを下っていった。やがて海を渡り、レスボス島に流れ着いたハープを島の人々は広い上げ、アポロの神殿に捧げた。息子の死を深く悲しんだアポロは、そのハープを天に上げ、星座に加えたと言う。

  こと座探索

 こと座の主星ベガは七夕の織女星として知られています。ベガは夏の宵の頭上近くにひときわ明るく輝いているので、すぐに見つかります。7月中旬の午後8頃には、東の空の高度60度ぐらいの所にあります。
 
 自分が見ている星がベガかどうかを明るい星の位置から確かめてみましょう。ベガから右下に焼く35度のところには、やや黄色がかった1等星が輝く。七夕の牽牛星、わし座のアルタイルです。ベガの左下役20度のところには、白い1等星、はくちょう座のデネブが見えます。
この3星が作る三角形を「夏の第三角形」とよんでいます。第三角形の間を縫って、左から右に地平線とほぼ平行に天の川が流れています。
 
 こと座は比較的小さく、腕をいっぱいに伸ばして持った名刺に隠れてしまうほどです。ベガからアルタイルの方向へ約10度のところには、2個の3等星が見えます。上方はベータ星、下方がガンマ星で、これらの2星とベガを結ぶと裏返しのL字型になる。こと座の名は、このLを古代のハープに見立てたものである。しかし、星図には、U字型のリラが描かれています。
 
 ベガの名はアラビア語の「降下する鷲」に由来します。それはベガとそのそばにある4等星2個が小さな三角形を作っている形からつけられた。わし座アルタイルは、アラビア語の「飛ぶ鷲」を意味してます。それはアルタイルと両側に並ぶ2個の3~4等星の形から見立てたものです 。

星座の四季 藤井 旭著より、抜粋。

セールスレターの成功ノウハウ←興味を持たれたお客様へ、クリックしてくださいね。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント