FC2ブログ
2011/01/28

歴史の?その394:歴史を変えた病気その2

<歴史を変えた病気②:人はそれを運命と呼んだ>

430px-Friedrich_III,_Deutscher_Kaiser_convert_20110128222242
        プロイセン国王 フリードリッヒⅢ(百日王)

◎戦争を引き起こした癌

 1887年、理性的で好人物であるプロシアのフリードリッヒ王子は、左の声帯に腫れ物ができました。
当初試みられた治療が失敗に終わると、ドイツ人医師団はこれを癌と診断し、彼に喉頭の摘出を勧めました。
しかし、著目なイギリス人で耳鼻咽喉科の権威であった、モレル・マッケンジー博士は、癌の兆候は無いと診断し、結果的に手術は行われませんでした。

 1888年6月15日、フリードリッヒは王位を継承してから、僅か99日後に喉頭癌の為に崩御してしまいます。
この結果、彼の息子で、知性的にも劣る、好戦的なカイゼル・ヴィルヘルムの宿命的な統治が始まりました。

 若し、ドイツ人医師団の指示通りに手術が行われ、フリードリッヒの命を存命させていたなら、世界は第一次世界大戦の恐怖から、逃れられていたかも知れません。

続く・・・


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント