FC2ブログ
2008/09/26

「火の鳥」

火の鳥の魅力

prince_hinotorinenga_convert_20080926231854.jpg

 火の鳥の魅力はといえば、、なんでしょうね?(^_^;)
一連のエピソードに共通する、”限りのある命を精一杯生きようとする物の姿 を通して描かれる生命への讃歌”といった物語であることでしょうか。

 又、人が自分のを背負って生きてゆく姿が描かれるのも魅力の一つでしょ う。
決して幸せな末路をたどるとは限らない主人公達はそれでも、その人生を精一 杯生き抜き、歴史に小さく、あるいは大きな足跡を残していきます。

 ステレオタイプ的な登場人物とは違った、人物像が描かれるのもこの漫画の大 きな特徴です。
例えば『黎明編』の主人公ナギは、彼の一族を惨殺した邪馬台国の防人、猿田 彦に対して深い恨みの念を抱き、復讐を誓いますが、いつしか猿田彦の人柄を 尊敬するようになり、親子にも似た感情が通いはじめます。

 同作で熊襲一族を滅ぼしに来た、いわば悪役であるグズリも単なる悪役として 描かれているのではなく、その物語の唯一の生存者となり、熊襲一族復興の中 心人物となって行きます。

 更に、『鳳凰編』における盗賊・我王が後年仏師としての生き甲斐を見いだし ていく過程や、その我王にかつて腕を傷つけられ、絶望のなかから努力で自分 を高めていく仏師・茜丸の姿など、登場人物は決してスーパーヒーローではな く、血の通った人間と感じられるような描かれ方をしています。

 私個人について言えば、私が『火の鳥』と出逢ったのは、まだ中学1年生の頃でしたが、その人物描写はそれまで親しんできた、物語的な物(小説、マンガ、ド ラマ他)では得られなかった、物事の見方に気付かせてくれた作品でした。

 この『火の鳥』は、ハッピーエンドの物語がもたらしてくれる胸のすくような カタルシスとはまた別種の感慨を読者に与えてくれるのです。

 『火の鳥』について
 手塚治虫の代表作の一つ、『火の鳥』は昭和29年に開始されて以来、発表誌を変えつつ、手塚治虫が亡くなる前年の昭和63年まで、30余年に渡って書き続けられた、当にライフ・ワークと言うべき未完の傑作です。

 火の鳥を狂言回しに生をテーマに綴ったこの作品は多くの人を魅了してきました。

 今度はその各エピソードについて語っていきたいと思います。
 多分に私の私見が混じった物になってしまいますが、ご勘弁を。

ドクターモルツ | 成功するための思考法←関心を持たれたお客様、クリックをお願いします。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント