FC2ブログ
2011/02/26

人類の軌跡その19:番外編ギリシア神話の神々①

<オリュンポスの12神その1>

 オリュムポスの神々には、はっきりとした序列が在りました。
最高位は、ゼウスの兄弟姉妹や子供達で構成されるオリュムポスの12神と呼ばれる神々で、彼等は云わばオリュムポスの上流階級です。
尚、ヘスティアの代わりにディオニュソスが入る事もあります。
  
<序列第1位ゼウス>

2008_07_27_02_convert_20110226205720.jpg
               ゼウスとヘラ

 オリュムポスの最高神で、あらゆる気象を司る天空の支配者。
オリュムポスの王座から、神と人間を支配した秩序と正義の神。
象徴は”雷テイ”や”王シャク”など、聖鳥は”ワシ”。
その稲妻の矢による制裁は、何より恐れられていました。
トロイの戦争で神々がいずれか一方に加勢する中、黄金の定規で両者の均衡を図り、中立の立場を保ちました。
品行方正とは程遠く、女神や人間の女性を追い回す浮気な夫で、彼の不倫は、古代世界に欺きや暴力という禍根を残しました。
それでも、オリンピックや、偉大な宮殿、建造物にゼウスは、神として君臨しています。

<序列第2位ポセイドン>

c0126359_19524772_convert_20110226210349.jpg
                 ポセイドン像

 海の支配者で、すべての泉と地震の神。
地表の7割以上を占める水。その水を制御する役割の神がポセイドンです。
ゼウスの兄、象徴は”三叉のほこ”、聖獣は”馬”、聖樹は”松”。
地底の宮殿から、自らと同様に気まぐれな海を支配します。

<序列第3位ヘラ>

s12_05_convert_20110226210924.jpg
                  ヘラ像

 ゼウスの姉で妻でも在り、オリュムポスの嫉妬深い女王、結婚の女神。
象徴は”ユリ”や”ザクロ”、聖獣は”牝牛”、聖鳥は”クジャク”。
その勘の鋭さで妻達の守護神とされ、不貞に対する報復は凄まじいものが在りました。
淑やかな一面、逆らう者には容赦なかったのです。

 パリスが、アプロディーナを最高の女神と定めたのに怒り、トロイ軍が倒れる迄、ギリシャ軍に徹底的に加勢したと言われています。
”女性を怒らせると怖い”という定説はヘラから生まれました。

続く・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント