FC2ブログ
2011/05/22

人類の軌跡その103:歴史と女性⑫

<ナポレオンを敗退させた女性・トルコ皇后エイメその4>

2009_01_28_02_convert_20110522211107.jpg

◎オスマン・トルコ皇妃①

 オスマン・トルコ宮廷のハレムに伴われたエイメは、此処でトルコ皇帝アブドル・ハミット一世(1774年~1789年)の心を捕らえました。
ハレムには、既にギリシア、アルメニア、サルカシア(コーカサス南西部1829年ロシア帝国に併合)の女性達が、数えきれぬ程居ましたが、その殆どは、無教育な女奴隷に過ぎませんでしたが、エイメは違っていました。
高等教育を受け、読み書きが出来る事、教養が有り文明社会から来た彼女は、事実、何百と居るハレムの女性内で、容貌ばかりではなく、最も知性に溢れていました。
エイメは、皇帝ハミット一世の寵愛を一身に集め、やがて金髪の皇子を産みました。

 エイメは、ハレムに入ると共に、其処からの脱出も、マルティニク島への帰還も、ジョセフィーヌとの再会の希望をも、全て捨て去ります。
事実、トルコ帝国のハレムに入った女性で、今だ嘗て自由の身に成った者は、皆無でした。
其処で彼女は後半生を「壮大で壮麗な宮殿」に住み、「出来得る限りの権力を振るう身と成る」事を決意します。
其れは、幼い日、占い師が予言した事そのものでした。

 この間に、従姉妹のジョセフィーヌも幾つかの冒険をしていました。
彼女は1779年ボ-アルネ-子爵に嫁ぎ、二児をもうけましたが、フランス革命の際、夫は断頭台の露と消え、革命後、彼女は美貌と才知をもって、パリ社交界の花形となり、1795年3月、ナポレオン・ボナパルトと云う、コルシカ生まれの精力的な英才に富んだ三歳と歳下の青年将校と結婚しました。
やがて、ボナパルト婦人の人生は、変化に富むものと成り、彼女の夫はフランスの為に、次々と軍事上の勝利をおさめ、彼女はその妻として、同様の栄誉を受ける身と成りました。

続く・・・
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント